ご訪問ありがとうございました


  私が深く信じていること。魚たちが我々を必要としていないとしても、我々は魚たちを必要としている。魚が走り、ジャンプし、エラ洗いし、水草に潜り込み、沈んだ丸太にラインを巻きつけ、頭を下げて真剣勝負を挑んできたとしたら、それだけで少なくとも、この私と同じくらい自由を求めている生き物と出会ったことがわかる。だからこそ釣りは神聖なアートであるべきなのであろう。絶対に軽く見られるべきではないもうひとつの生き物との交歓なのだから。
 Paul Quinnett(パブロフの鱒、森田義信訳)

2022年

 新コロナも3年目を迎えました。
 いつになったら落ち着くのでしょうか?
 
 
メニュー
平成26年8月3日更新  
令和4年4月15日更新  
平成13年1月10日更新(社説の追加)
平成12年11月27日更新
久里浜周辺 令和4年2月2日更新  
伊豆の閑 令和4年3月9日「2022年の小屋」 新設  
水彩画 平成29年2月28日更新
平成22年7月14日更新  
歩き続け隊 令和元年10月1日更新
 50年の標  令和4年4月27日更新  
御感想等はこちらまで